直接本文へ


ページタイトル

何をやっても続かないのは、脳がダメな自分を記憶しているからだ

what's new

自分の中の可能性を呼び覚ます「リソース・クエスト」new

"リソース"は"資源"、"クエスト"は"探求"という意味です。「リソース・クエスト」は、メンタルコーチで心理カウンセラーでもある岩崎クレアが1対1でヒアリングをさせていただき、なかなか自分では気づいていないご自分の可能性を探っていくとともに、その可能性を最大限に生かし、なりたい自分になるためのメンタルコーチングを受けられるプログラムです。

<リソース・クエストを受けられた方の感想>
◆自分の人生をリアルに振り返る機会はあまりないので、すごく貴重な体験でした。自分の人生の転機には、共通する行動パターンが隠れていることがわかりました。これからの人生に大いに役立てることができそうです。
◆理系出身だからか、クレアさんの分析力、整理する力がすごいと思いました。いつもと変わらず普通に話しているだけなのに、当時の状況や想いが、ありありと思い出され、リソースを的確に発掘してもらうことができました。決して一人では気づけなかったことでした。自信と勇気が湧いてきました。
◆自分にとってはあまり意識しないでやっていたこと(共感性、自分で決めて進む、想像力)が、自分にとって宝だったことに気づいた。


『何をやっても続かないのは、脳がダメな自分を記憶しているからだ』読者特典new

イチローの著書『何をやっても続かないのは、脳がダメな自分を記憶しているからだ』は、多くの皆様から温かい応援をいただいたおかげで第7刷となり、デザインも新しくしていただきました。引き続き、読者特典の【脳科学de習慣化】ツールを無料でご利用いただけますので、良い習慣を身に付けたい方は、ぜひご活用くださいね。このツールは、事前に自分が習慣化したいことを登録しておくと、毎朝その文言がメールで届くようになっています。なりたい自分になるための習慣化にお役立てください。


プロジェクト【チーム・イチロー&クレア】無料音声配信中!

『ビジネスで役立つ会話の秘訣』『心が通い合うコミュニケーション』『人生を幸せで豊かに生きるライフワーク』について、イチローとクレアがお届けする音声セミナーを無料配信中です以下の4つのテーマについて、クレア&イチローやゲストスピーカーとの対談をお聴きいただくことができます。

  1 コミュニケーション力を高める秘訣
  2 ビジネス・仕事で役立つ会話の秘訣
  3 幸せで豊かに人生を生きるライフワークのヒント
  4 異性との会話・おつきあいの秘訣

少しでもコミュニケーションに苦手意識を持っている方のお役に立てれば幸いです。ぜひ、楽しみながらお聴きください!


『誰とでも仲良くなれる人の聞き方・話し方』読者特典

イチローの著書『誰とでも仲良くなれる人の聞き方・話し方』は、イチローの経験に基づき、瞬時に相手との距離を縮める35の秘訣を書かせていただいております。人付き合いが苦手で、無口・口下手だったイチローが、それを克服すべく、街頭で3000人に声をかける実験行い、そこから発見した「話を引き出す」・「盛り上がる」・「好かれる」方法をシンプルにわかりやすくお伝えしています。読者特典として、毎日1回のメールセミナーをお届けしますので、こちらもどうぞご活用くださいね!


クレア&イチローの活動およびトピックス

脳トレセミナーを開催しました

(2015年3〜5月)

脳を鍛える脳トレセミナーを開催しました。「記憶力が1.5倍にアップする脳の使い方」「集中力が増す脳の習慣を身に付ける」「脳のアクセルを活性化してストレスを軽減させる」「脳をシンクロさせて人間関係が良くなる秘訣」などをお伝えし、皆様に喜んでいただきました。


パネルディスカッション『脳科学者が解明した人生の成功方程式』

(2013年12月)

K-1 WORLD MAX 日本代表の小比類巻貴之チャンピオン、第12代 東洋太平洋クルーザー級の高橋良輔チャンピオン、BDOコンサルティング代表取締役の長山宏先生とイチローの4人のパネルディスカッションが伊東市観光会館にて開催されました。ボクシング等の有酸素運動は脳を活性化するる、目標達成して成功するにはイメージ力を使う、チャンピオンになるには感謝心が大切、感謝すると脳昨日が高まるといった内容でいろいろな話が繰り広げられました。


インタビュー記事が雑誌に掲載されました

(2013年12月)

会計事務所様向けの雑誌『月刊 実務経営サービス』に、イチローとクレアのインタビュー記事が掲載されました。イチローが3000人に声をかける実験から編み出した『PPM会話法』の研修等についてお話しています。


脳科学者が考察する顧問先とのコミュニケーションのポイント

(2013年12月)

日本最大級の税務・会計・経営情報ポータルサイトにイチローとクレアのインタビュー記事を掲載いただきました。顧問先の経営者の方とのコミュニケーションを円滑にする秘訣、男性脳・女性脳の特徴などもお伝えしています。


講演会『脳は安全運転を知っている』

(2013年11月30日)

群馬県トラック協会桐生支部様からのご依頼で、安全運転するための脳の使い方を講演させていただきました。途中で参加者の中からお一人、脳波測定にもチャレンジしていただきました。今後はイメージ力でさらなる安全運転を心掛けていただけたら嬉しいです。


講演会『どんな状況でも経営を伸ばす脳の活用法』

(2013年11月28日)

長野県の辰野において、八十二銀行様主催の講演会にて、総合格闘家の小比類巻貴之さんとダブル講演をさせていただきました。どうしたら経営に役立つ良い習慣が身につくか?や、部下と良好なコミュニケーション方法などを、脳科学の視点からお話いたしました。


脳科学で異性の本音がわかるコミュニケーション講座

(2013年1月,3月)

脳科学的に女性脳と男性脳の働きは異なります。『PPM会話法』の秘訣を学びながら、異性の本音がわかるコミュニケーションを学ぶ男女混合の講座を実施しました。参加された方は、男性と女性の会話の構造の違いに驚かれていました。ランチタイムも皆で楽しくおしゃべりしながらお弁当をいただきました。


『出逢いの自信』向上セミナー(実践ワーク付き)最終回

(2012年10月27日)

これまで長くご愛顧いただいておりました、「『出逢いの自信』向上セミナー(実践ワーク付き)」が最終回を迎えました。多くのみなさまにご参加いただき、ありがとうございました。セミナーで学ばれたことを、プライベートでもお仕事の中でもお役立ていただけたら嬉しいです。


企業向けセミナー開催

(2012年10月)

これまで、個人向けセミナーを中心に行っておりましたが、最近、イチローが開発した『PPM会話法』を社内研修で使いたいという企業様が増えてきたこともあり、今月より企業様や経営者様向けのセミナーを開催させていただきました。PPMはプライベートだけではなく、ビジネスでもお役にたてていただいております。


名古屋テレビ「キングコングのあるコトないコト」で紹介

(2012年8月21日)

名古屋テレビで放映中の人気番組「キングコングのあるコトないコト」の中で、専門家の見解として、イチローのコメントが紹介されました。今回のテーマは『恋愛』、ということで、出演者のみなさんのトークもかなり盛り上がっていました。


中日新聞、東愛知新聞に掲載

(2012年7月)

豊橋の割烹一平で開催した『旬の味覚と出会いを楽しむ会・七夕編』の記事が中日新聞と東愛知新聞に掲載されました。「初対面でも話が弾む会話術」というテーマでイチローが所々話を交えながら、参加者のみなさんはハモやコチなどの夏の魚や野菜を使った日本料理を堪能されていました。


「デルフィス買う気研究所レポート」Vol.13 に掲載

(2012年7月)

株式会社デルフィスの買う気研究所が定期発行しているレポート「買う研REPORT」Vol.13の特集記事(女性に選ばれる接客)の中で、脳科学博士・コミュニケーショントレーナーとして、イチローがインタビューされた記事が掲載されました。


クレア&イチローの結婚式

(2012年5月)

ダイヤモンド八ケ岳美術館ソサエティにおいて、クレア&イチローの結婚式を執り行いました。五月晴れの晴天の中、多くの仲間たちに囲まれ、とても幸せな時間を過ごさせていただいたこと、心から感謝いたします。ありがとうございました!


東愛知新聞に掲載

(2012年3月15日)

割烹『一平』で開催した企画の第二弾の記事が、「旬の味覚を楽しみながらコミュニケーションを磨く集い」として東愛知新聞に掲載されました。今回のテーマは、「初対面でも話が弾む会話術。ビジネスでもプライベートでも初対面で大きく差をつけたい人のコミュニケーション実践講座」として紹介いただきました。


中部経済新聞に掲載

(2012年3月15日)

1929年創業の老舗、割烹一平で開催した企画の第二弾の記事が中部経済新聞に掲載されました。参加された方は、旬の素材を活かしたお料理と新しい出逢いを楽しまれたようです。参加者のみなさん、女将の杉浦さん、ありがとうございました。


月刊「CIRCUS」2012年3月号 に記事掲載

(2012年2月4日)

働く男の実用と哲学の雑誌、月刊サーカス 2012年3月号「即戦力になる話し方」のコーナーの恋愛のパートで、男女の脳の違いを知って切り抜ける「ピンチ脱出の恋愛トーク」という内容の記事を掲載していただきました。


中日新聞に掲載

(2012年1月20日)

豊橋の老舗割烹『一平』さんで開催した企画『バレンタイン・旬の味覚と出会いを楽しむ会』が、中日新聞(東三河版)で紹介されました。「日本料理店で会話法を学びながら行う珍しい婚活食事会」という内容で趣旨についてもご紹介いただきました。


大学でキャリア概論の授業を担当

(2011年11月30日)

山口県下関市にある下関市立大学において、1年生向けのキャリア概論の授業を担当させていただきました。どうしたら社会の中で自分の才能を生かすことができるか、ということを脳科学の視点からお話しました。学生さんたちはとても興味を持って真剣に聴いてくれました。ありがとうございました!


月刊「CIRCUS」2011年10月号 に記事掲載

(2011年9月4日)

働く男の実用と哲学の雑誌、月刊サーカス 2011年10月号「女性に好かれるコミュニケーションQ&A」のコーナーで、総論として、女性との会話は「共通点」よりも「感情共有」でつなぐ、という内容のイチローのインタビュー記事を掲載していただきました。


月刊「CIRCUS」2011年8月号 に記事掲載

(2011年7月4日)

働く男の実用と哲学の雑誌、月刊サーカス 2011年8月号「特集 女子は告白の仕方で見抜く! 成功する告白と失敗する告白」のコーナーで、専門家の意見として記事を紹介されました。


月刊「CIRCUS」2011年5月号 に記事掲載

(2011年4月4日)

働く男の実用と哲学の雑誌、月刊サーカス 2011年5月号「保存版特集 生き残るための勉強術/人生を変えるコミュニケーション術」にイチローの記事が「女性に嫌われない聞き方・話し方」で、クレア&イチローが提唱しているラポールや異性間緊張感(性的緊張感や、聞き上手・話し上手になるための具体的なテクニックについて掲載していただきました。


『誰とでも仲良くなれる人の聞き方・話し方』

(2011年2月11日)

米国ノースウェスタン大学の准教授だったイチローは口下手で人付き合いが苦手な人でした。(このあたりの話は『出逢いの法則』に書かれています)このイチローが、「このままではダメだ!」と心機一転!3000人に声をかけるプロジェクトを実践し、その徹底した調査と実践で編み出した「人と気さくに接する方法」を1冊の本にまとめました。「話し方のうまい人のマネをしてはいけない」「仮説を立てる」など、研究者ならではのユニークな視点で、話に花が咲き、人に好かれてしまう聞き方と話し方のコツを伝授している超実践的なコミュニケーションの本です。
誰とでも仲良くなれる人の聞き方・話し方 (クロスメディア・パブリッシング)
著:岩崎一郎 (クレア&イチローのイチロー)


イチローがラジオに出演しました

2010年11月19日AMおよび2011年3月11日AMにエフエム山口の「モーニングストリート 」に、2010年12月14日PMにエフエム川崎の「ダウンストリーム」にイチローが生出演させていただきました。


『世界中の女性が幸せをつかんだ魔法の恋愛書』(中経出版)出版

(2010年11月19日)

アメリカで188万部突破、世界31カ国(2010年11月現在)で翻訳されている、スティーブ・ハーベイ著の恋愛書『Act Like a Lady, Think Like a Man』の日本語翻訳を担当させていただきました。日本語タイトルは以下です。

世界中の女性が幸せをつかんだ魔法の恋愛書(中経出版)
著:スティーブ・ハーベイ、訳:クレア&イチロー


インタビュー記事掲載中

日本メンタルサービス研究所様のサイトにて、インタビュー記事を掲載いただきました。ありがとうございます!

 第1回 運命のパートナーに出逢いたい!  
 第2回 異性とのコミュニケーションには、ラポール以外の何かがある!  
 第3回 ラポールと性的緊張感の両方を創り出すための、マインドとスキル  
 第4回 素晴らしい出逢いで、充実した人生を!  

「出逢いの法則」勉強会およびPPMトレーニング

 

男女間コミュニケーション理論・PPM(Push & Pull Method:プッシュ&プル・メッソド)とはどんなもので、実際にこの理論を使うとどういった効果があるのか、を体験していただく1日ワークショップを開催しています。参加者の方から、以下のような嬉しいご感想を多数いただいております。ありがとうございます!

◆実際に街にくり出して、の実践トレーニングは予想を超えてはるかに勉強になりました。話を聞いて頭で理解していることと、すぐ後に実践してみるのでは心に残る内容と行動の幅が全然変わると思います。また、男女関係だけでなくビジネスでの上司・部下関係、顧客関係でも有効な手段だと思いますので、多方面で活用していきたいと思います。 (東京都 M.O.さま)

◆教室内でのワークをやるセミナーが多い中で、本セミナーは実際に外でぶっつけ本番でワークを行う点がとても新鮮でした。自分は女性をうまくほめられなかかったり、会話が続かなかったりすることが多かったので、今日のPPMを活用して、より親密な関係を気づいていきたいと感じました。  (神奈川県 KMさま)


出逢いの法則セミナー

(2009年7月〜2010年2月)

運命のパートナーと出逢うためのスキルやマインドを楽しく体験しながら学ぶセミナー。PPMを使った自己紹介ワークや、感情キャッチ話法、クレアの瞑想、サウンドヒーラーSATOMIさんによるクリスタルボウルの生演奏など、毎回、テーマに合わせて、さまざまなワークを交えてお届けしてきました。


『出逢いの法則』読者感謝キャンペーン終了!

(2009年9月15日)

『出逢いの法則』をお読みいただいた方より、「友人にプレゼントして喜ばれました!」「職場の人たちに読んでもらいたくて、もう1冊購入して会社に常時置いてあります」など、この本を気に入ってくださった方は何冊もご購入いただいていることがわかりました。そんな読者の皆様へ、感謝の気持ちを込めて、読者感謝キャンペーンを実施させていただきました。プレゼント用の音声ファイルは、現在制作中のため、11月頃お届けできると思います。もうしばらくお待ちくださいね。それから特賞につきましては、厳選なる抽選を行い、当選された方には後日、ご連絡させていただく予定です。楽しみにお待ちください。たくさんのご応募、ありがとうございました!


出版記念 『出逢いの法則』セミナー

(2009年7月18日 横浜)

『出逢いの法則』の出版を記念して、横浜でセミナーを開催しました。今回は、『出逢いの法則』の第2部のワークの中から『自分の理想のパートナーシップを明確にする』というワークを瞑想を交えて行ったほか、PPMトレーニングの一つである『感情を伝える』ワークなどを行いました。セミナーの後は、横浜中華街で、美味しい中華料理をいただきながら、いろいろな楽しい話題で盛り上がりました。
ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!


『出逢いの法則』ついに出版!!

(2009年7月11日)

8000人以上の方が感動の涙を流した小冊子「クレア&イチロー物語」が、中経出版様より『出逢いの法則』として書籍化されました。本書は2部構成になっており、第1部は「クレア&イチロー物語」をベースに、小冊子には記載していなかったエピソードを多数加えたクレアとイチローの出逢いの物語、第2部は「運命のパートナーと出逢うための出逢いの法則」を3つのステップと10個のワークとして紹介しています。
    「人間性を高め合うことで、自分の求める異性をゲットしようという、
     恋愛版、引き寄せの法則 ともいえる本でしょう。
     自分を変えていくことで、求めるものを得るという
     本質に挑戦する一冊だと思いました。」

                    人気メルマガ 1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』 の本のソムリエさんの感想より


「 ヒーリング・イベント 〜運命のパートナーと 出逢うための8つのステップ〜」

(2009年5月2日 横浜)

今回のヒーリング・イベントは、『自分の過去と向き合い、心を成長させる』と『自分の理想のパートナーシップを明確にする』の2つのテーマで行いました。ワークと瞑想を織り交ぜながら、自分の未来のイメージをクリアにしていただけたと思います。ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。


プレミアム・イベント シャイな人のための 『理想の女性』に出会う方法についてのザ・対談!!

(2009年4月28日 新宿)

オリンピックのゴールドメダリストのメンタルコーチとして有名な、株式会社チームフロー代表取締役 平本あきお さんを ゲストにお迎えし、イチローとの対談形式で、素敵な女性 と『出逢い』を自ら作りだす方法など、楽しく役に立つ話を お伺いしました。


脳科学を活用して自分らしさを発揮し、幸せな人生に役立つ情報をお届けします。

姓: 名:
メールアドレス
性別
女性 男性
何をやっても続かないのは、脳がダメな自分を記憶しているからだ 著 岩崎一郎 無料読者特典「脳科学de習慣化ツール」 誰とでも話ができる人の聞き方・話し方 著 岩崎一郎 無料読者特典「コミュ力アップ!メールセミナー」 出逢いの法則 著 クレア&イチロー 読者特典「脳神経科学 ミニコラム」 無料ダウンロード 魔法の恋愛書 著 スティーブ・ハーベイ、訳 クレア&イチロー
読者特典「幻のQ&A集」 無料ダウンロード クレア&イチロー公式ブログ 幸せな笑顔の出逢いを実現する 国際コミュニケーション・ トレーニング 恋愛を科学する 恋愛心理研究センター

このページの先頭へ